原田ウイルス

原田ウイルスは、原田ウイルスに感染した時点で「原田」という実在人物の画像があらわれる。それと同時にダウンフォルダ内部のAVIファイルがすべて削除されたり、デスクトップ画面をキャプチャし、メールを転送されてしまうといった現象などが起きるといわれている。

他にも、山田ウイルスと類似の現象が起こるという情報もあるが、現在のところ検証されておらず、確認段階とされています。

原田というのは、ウイルスとは無関係であり、ウイルス作成者の友人であり、その画像を悪用したとの事です。

原田ウイルスには亜種が多く、ウイルスの発症と同時に表示される画像を、アニメなどから改変したものに差し替えたものが多く見受けられます。

確認されているものとしては、ハルヒウイルス・長門ウイルス・・・ 「涼宮ハルヒシリーズ」、うたわれるものウイルス ・・・「うたわれるもの」、ケンシロウウイルス・・・「北斗の拳」、kanonウイルス(うぐぅウイルス)・・・「kanon」 など他にも多数あります。