NEGIES

NEGIES

Winnyを起動しているときは、常時大量のデータがやり取りされていることになります。

Winnyには、一定時間内にやり取りできるデータ量を細かく制御できる機能がないため、ネットワークの帯域がデータでいっぱいになり、他のWEB、メール、動画などの利用に支障をきたすことになります。

NEGIESとは、トラフィック制御ソフトで、Winnyのトラフィックを外部で制御します。
ただし、Winny専用のソフトではなく、専用で使用するには、機能的に、余剰なものもあります。