Winnyで情報流出 箕面学園 個人情報179名分

Winnyで情報流出 箕面学園 個人情報179名分

大阪府箕面市の箕面学園高校は9月11日、04年4月当時の2年生(05年度卒業生)の全179人分の個人情報が、Winnyを通じて、インターネット上に情報流出したと発表。

情報流出したのは、生徒氏名、住所、電話番号、入学試験の成績などの個人情報で、これまでのところ、情報を悪用された被害報告はないとのことだが、同校は該当者に詫び文を送るとともに、戸別訪問を行い、謝罪していく。

 9月上旬、外部から文部科学省へ指摘があり、情報流出が判明。
同校が調べたところ、04年春、2年生を担任していた男性教員(29)が外部記憶媒体に保存したファイルを自宅へ持ち帰り、私物パソコンに保存。

ウィニーをダウンロードしたパソコンがウィルス感染し漏洩した。

同校は今後、私物パソコンを公務で使うことを禁じ個人情報の削除を指示した。   (毎日新聞)