Winny利用者を特定  使用パソコン分析ソフトの開発

Winny使用のパソコンを特定できる分析ソフトが、開発された。

Winnyは、匿名性の高さが特徴で、Winnyネットワーク上では情報のやり取りが暗号化されるため、従来、利用者を特定することは困難とされてきた。


今回、開発されたソフトは、Winnyを介して入手されたファイル所有者を割り出すことができるという。

開発者は、米国在住の日本人エンジニア。

ある違法ファイルを所有しているパソコンを割り出すには、分析ソフトに、ファイル名を入力。これにより、当該パソコンのアドレスが判明し、プロバイダーの協力により、アドレスから利用者を特定できるというもの。

今後、
日本音楽著作権協会(JASRAC)、
コンピューターソフト著作権協会、
日本国際映画著作権協会は、
ソフトを試験的に導入し、Winnyにより、違法ファイル交換を行っている利用者に中止を呼びかける方針とのこと。