Winnyで情報流出 藤田保健衛生大学病院 患者情報250名分

Winnyで情報流出 藤田保健衛生大学病院 患者情報250名分

藤田保健衛生大学病院(愛知県豊明市 菱田仁士院長)で、ファイル交換ソフト「Winny(ウィニー)」を通じ,
手術を受けた患者250人の個人情報が、流出していた。

同病院内分泌外科の男性医師(36)の私用パソコンがウィニーを利用したウイルスに感染したことで、判明。

いまのところ、被害を受けたという申し出はないとのこと。
同病院は内規で、個人情報の院外への持ち出しは禁止していたという。


流出した情報は、4年前からこれまでに手術を受けた患者の氏名、病名、8人分のレントゲンなどの画像が含まれている。