hi-ho

hi-ho

2006年6月30日から、24時間あたりのデータ転送量(上り方向)が15GB以上を超える通信に対して,通信規制する(停止させる)ことを明らかにしている。

Winny(ウィニー)やWinMXなどのファイル交換ソフトの利用により,平均的なデータ転送量を著しく上回る通信が一部で行なわれるようになったことで、他のユーザーの通信速度や通信品質の低下を招いたことで、今回の規制の実施となっている。

利用規制の対象となるのは送信データ量(上り方向)のみで、受信(下り方向,ダウンロード)のデータ量については対象とならない。

対象となるサービスは,個人向けの接続サービスの「hi-ho光withフレッツ」、「Bフレッツ各コース」,「フレッツ・ADSL専用コース」,「hi-ho無制限コース」。

法人向け接続サービスでは、「インターネット・オフィス・サービス」、「Bフレッツベーシックコース」。