Winnyを使わない

Winnyによるウイルス対策、すなわちアンチニィ(Antinny)対策として、もっとも簡単な方法のひとつは、「Winnyを使わない」ことです。

Winnyウイルス対策において、アンチニィ(Antinny)の感染には、Winnyネットワークへの接続が不可欠であり、Winnyそのものを使用していなければ、感染防止の確実性は高いとされます。

しかしながら、一旦、Winnyというファイル交換ツールの醍醐味を味わったユーザーが、Winnyの使用自体を簡単にあきらめられるのかという問題があります。

また、最近では、「山田オルタナティブ」のような従来型アンチニィ(Antinny)の流れを汲まない情報公開型ウイルスも登場しており、、「Winnyを使わない」ことが絶対に安全とは言い切れない状況になってきています。