パソコンを使い分ける

Winnyによるウイルス対策、アンチニィ(Antinny)対策として、「パソコンを使い分ける」という方法があります。

業務用、私用を問わず、個人情報等のデータが入っている、個人の使用するパソコンのほかに、Winnyを使用するWinny専用のパソコンを、別途用意するというのが、この方法です。

Winny専用であれば、業務用のデータ、個人情報、写真、メールなどが入っていないので、たとえウイルスに感染しても、影響はありません。

また、この方法は、山田オルタナティブのようなWinnyを介さないウイルスにも有効と考えられます。

しかしながら、2台目、3台目のPC購入によるコスト、スペースの確保。ダウンロードしたファイルを有用できるソフトの導入など、経費面を考えると誰にでもできる対応策とは言いがたい一面もあります。