Winnyの違法性

Winnyを含む、すべてのP2Pソフトは、それ自体、違法ではありません。
ちなみに、 Winnyの開発者である47氏は、現在、著作権法違反ほう助の容疑で公判中。

47氏は、「ウィニーは技術的な実験として開発、公開したものであり、著作権侵害行為を手助けする意図はなかった」と述べており、無罪を主張している。