Winnyの脆弱性

Winnyの脆弱性については、
2006年4月21日にWinny1及びWinny2に重大な脆弱性の存在が、明らかになりました。
これは、バッファオーバーフローの脆弱性となります。

この脆弱性をターゲットにされると、Winnyの強制終了や、外部から不正なプログラムを実行させられるなどの重大な被害を発生させることになります。

winnyの脆弱性への対策としては、
パッチの修正を適用させることで回避することが可能です。